logo

歩数や気圧情報などもアナログ針で表現--エプソン、新時計ブランド「TRUME」

坂本純子 (編集部)2017年07月20日 10時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エプソンは7月19日、歩数や気圧などの各種センシングデータをアナログ針で指し示せる新ブランドのアナログウオッチ、「TRUME」(トゥルーム)を発表した。スマートフォンなしに利用できる。メーカー希望小売価格は24万円~28万円(税別)。9月28日より順次発売する。

 TRUMEは、「TRUE(真実)+ME(自分)」の造語で、“真実の自分を見つけるための人生の羅針盤となる”という思いを込めたブランドだ。

歩数や気圧などの各種センシングデータをアナログ針で指し示せる新ブランドのアナログウオッチ、「TRUME」(トゥルーム)
歩数や気圧などの各種センシングデータをアナログ針で指し示せる新ブランドのアナログウオッチ、「TRUME」(トゥルーム)

 ウオッチ本体に搭載されたGPSセンサ、気圧・高度センサ、方位センサを稼動させながら、さらに、オリジナルの外部センサである「エクスパンデッドセンサー」とのデータ通信も行える。

オリジナルの外部センサ「エクスパンデッドセンサー」
オリジナルの外部センサ「エクスパンデッドセンサー」
TRUME 1stモデルの特徴
TRUME 1stモデルの特徴

 上位機種に付属するエクスパンデッドセンサーは、温度、紫外線、歩数、消費カロリーを計測できる。重さは約21.0g(電池含む)。測定結果は、時計本体にあるアナログ針を使って表示される。ウオッチ本体とセパレートにしたことで、温度などのデータも体温の影響を受けずに精度よく測定できるとしている。

温度、紫外線、歩数、消費カロリーを計測できる。クリップが付属している
温度、紫外線、歩数、消費カロリーを計測できる。クリップが付属している

 なお、各種データはBluetooth通信でウオッチ本体へ送られ、アナログ針で表示する。時計本体は、光発電で駆動し、室内光の明るさでも十分に充電できるという。3日以上光が当たらないと針の動きを一時的に止めるスリープ機能や、明るさを感知して室内外どちらの環境にいるかを識別して屋内ではGPS電波の受信をストップさせるなど、きめ細かい省電力制御により、定期充電不要で駆動し続けるとしている。なお、エクスパンデッドセンサーはCR2032(コイン型リチウム電池)で駆動する。

高度の示し方
高度の示し方
歩数の示し方
歩数の示し方
方位を表示しているところ。見た目に反して、メタルバンドでも約135gと軽い
方位を表示しているところ。見た目に反して、メタルバンドでも約135gと軽い

-PR-企画特集