logo

ソフトバンク、ドローン2製品を発売--障害物を自動回避、61gの超軽量モデルも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンク コマース&サービスは7月13日、中国のドローンメーカー「AEE(エーイーイー)」のプロペラ内蔵型のドローン2製品を発売すると発表した。同日より順次予約を開始する。

 販売するのは、障害物を自動で回避するセンサを搭載した「SPARROW 360」と、61gの超軽量を実現した「Air Selfie」の2製品。SPARROW 360は7月28日、AirSelfieは8月11日から、SoftBank SELECTION オンラインショップや、Amazon、家電量販店で販売する。


 SPARROW 360は、飛行中の安全に配慮しつつ高い撮影性能を実現したドローン。飛行中に高速で回転するプロペラをカーボンボディに内蔵したプロペラ内蔵デザインを採用し、本体の4面にセンサを搭載することで障害物を自動回避することが特徴。

 1200万画素のHD画質で撮影可能なカメラを搭載するほか、4LEDのフラッシュライトや0〜90°のアングル調整機能、ブレ軽減機能などにも対応した。本体サイズは、幅22mm0×高さ220mm×厚さ30mm。重量は270g(バッテリ含む)。飛行時間は約8〜10分。上昇高度は最大10m。制御距離は最大30m。価格は税込3万9290円。


 AirSelfieは、61gの超軽量を実現した小型ドローン。航空法が飛行を規制する重量200g以上の「無人航空機」に該当せず、屋外での飛行の際も申請(一部の地域を除く)が必要ない。また、最長面が97mmというコンパクトサイズでポケットに入れて持ち運び可能。1回の充電で連続約3分間の飛行でき、同梱の「PowerBank Case」に入れて充電することで最大1時間分の飛行が可能だという。

 本体サイズは、幅67.4mm×高さ94.5mm×厚さ10.6mm。重量は61g(バッテリ含む)。飛行時間は約3分。上昇高度は最大20m。制御距離は最大20m。価格は税込4万6800円。


-PR-企画特集