logo

Facebook、九州地域での豪雨被害を受け「災害時情報センター」を提供

山川晶之 (編集部)2017年07月07日 14時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは7月6日、九州地域での豪雨発生を受け、ユーザー間で安否確認ができる「災害時情報センター」を福岡県および大分県の一部地域で起動したと発表した。


九州地域での豪雨発生を受け「災害時情報センター」を起動

 災害時情報センターは、災害が発生した後に、ユーザー自身の無事を家族や友達に伝えたり、他のユーザーの安否を確認できる機能。センター内では、ユーザーが必要とする食料や避難場所、移動手段などを検索・提供できる「コミュニティヘルプ」も利用可能だ。

 なお、コミュニティヘルプは、2017年2月の発表後、日本で起動するのは今回が初という。被害が集中する期間だけではなく、災害時情報センターが起動している期間であれば、継続して利用できるとしている。

-PR-企画特集