logo

キヤノン、フルサイズセンサ搭載の「EOS 6D Mark II」、「EOS Kiss X9」も発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは6月29日、フルサイズセンサ搭載による高画質・高感度と世界最軽量を実現したデジタル一眼レフカメラ「EOS 6D Mark II」とエントリーユーザー向けデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X9」を発表した。



 EOS 6D Mark IIは8月上旬、EOS Kiss X9は7月下旬から発売を開始する。店頭予想価格(ボディのみ)は、EOS 6D Mark IIが22万5000円(税別)。EOS Kiss X9が6万5500円(税別)

 EOS 6D Mark IIは、2012年12月発売の「EOS 6D」の後継機種。「小型・軽量のフルサイズモデル」というコンセプトを継承しながら、高画質、AF性能・連写性能、ライブビュー撮影・動画撮影機能、ネットワーク連携機能などを総合的に進化させたハイアマチュアユーザー向けモデル。

 新開発の有効画素数約2620万画素、約35.9mm×24mmフルサイズCMOSセンサを搭載。最新の映像エンジン「DIGIC 7」を採用したことで、最高約6.5コマ/秒の高速連写を実現。さらには、DIGIC 7のノイズ低減処理により、静止画撮影時に常用最高ISO40000の高感度性能を可能とした。

 また、「オールクロス45点AFセンサー」の採用により、動く被写体に対しても優れた捕捉性能を発揮するほか、「デュアルピクセルCMOS AF」により、ライブビュー撮影時にも高速で追従性に優れたAFを実現している。


 同社のレンズ交換式カメラ「EOSシリーズ」のフルサイズセンサ搭載モデルにおいて、初めてバリアングル液晶モニター(ワイド3.0型TFT/約104万ドット)を採用。ライブビュー撮影時や動画撮影時の操作性や撮影アングルの自由度が高まるなど、実用性を大幅に向上している。

 また、従来機種に比べ、性能・機能を進化させ、かつ同等の防塵・防滴性能を備えつつ、外装や内部構造の見直しにより、重量は約765g(バッテリ、カードを含む)と、世界最軽量となっている。

 サイズは、幅約144mm×高さ110.5mm×奥行き74.8mm。

 オプションとして、専用のバッテリグリップ「BG-E21」も8月上旬に発売する。バッテリを最大2個まで入れることができ、撮影可能枚数や動画撮影可能時間が大幅に増加可能。希望小売価格は、2万2000円(税別)。

-PR-企画特集