Indiegogo

子どもを24時間見守る耳式ウェアラブル体温計「degree°」--急な高熱を警告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大人と違い、子どもの体調不良は侮れない。微熱だと思って油断していたら体温が急上昇したり、機嫌よく遊んでいるので安心していたら高熱を出していたりと、小まめに検温する必要がある。しかし、短い間隔で体温を測ることは、意外と難しい。

 そこで、クラウドファンディングサービス「Indiegogo」において人気だった、体温を常に計測し続ける子ども用のウェアラブル体温計「degree°」を紹介しよう。


子ども用のウェアラブル体温計(出典:Indiegogo)

 degree°は、耳介に引っかけ、イヤホンのイヤーピースに似た形の接触型センサ部分を耳の穴に入れて使う、ウェアラブル方式の体温計。常時装着させ、体温を24時間計り続けられる。寝ているあいだも計測できるので、夜中に親が起き、子どもをわざわざ起こして体温を測る負担もなくせる。


耳かけ式ヘッドセットのような形状(出典:Indiegogo)

回復に必要な安眠を妨げずに計測(出典:Indiegogo)

 計測結果は、Bluetooth連携させたスマートフォンのアプリで確認可能。時間の経過にともなう体温の変化がグラフで示されるため、回復に向かっているのかそうでないのかなど、状況を把握しやすい。そして、グラフを医師に見せれば、治療に役立ててもらえるだろう。


グラフで体温の変化を把握(出典:Indiegogo)

 さらに、degree°のアプリは警告機能も備えている。体温が異常に高くなったり、急激に上昇したりすると、アラームで教えてくれる。また、degree°が耳から外れたことや、degree°のバッテリ残量が少なくなったことも通知される。

 Indiegogoでのキャンペーンはすでに終了。目標金額を上回り、108%に相当する5万4425ユーロの集金に成功した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加