logo

「iOS 11」のパブリックベータ版が公開

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年06月27日 06時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間6月26日、「iPhone」と「iPad」に対する最新OS「iOS 11」をいち早く使いたいユーザーのために、そのパブリックベータ版をリリースした。2017年秋の正式リリースに先立ち、一般ユーザーが、同ソフトウェアを試用できるようになった。

 同ソフトウェアは、Appleのベータプログラムのサイトで入手できる。

 他のベータ版ソフトウェアと同様に、直ちに修正できないバグや不具合が含まれている可能性が高いため、インストールは自己責任で行わなければならない。インストールする前に、データをバックアップしておく必要がある。

 Appleは6月に開催したWWDCでiOS 11を発表した。デザインと生産性に関する変更がいくつか加えられているが、見た目が大きく刷新された「iOS 7」のときほど劇的な変更ではない。同社は、音声アシスタント「Siri」の改良や拡張現実(AR)のサポートなどの追加を強調していた。また、同社が継続的に進めている端末とアカウントのセキュリティ強化の一環として、同ソフトウェアによって、ユーザーは自動的に2要素認証に移行すると報じられている。

 新機能の一部として、以下が挙げられる。

iPhoneのロック解除

Siriの改良

コントロールセンターの改良

ARのサポート

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集