logo

パイオニア、Lightning接続のスピーカフォン「RAYZ Rally」--Apple Store限定色も

加納恵 (編集部)2017年06月24日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは6月21日、パイオニアブランドからLightning接続ができるスピーカーフォン「RAYZ Rally XW-LTS5」を発表した。想定税別価格は1万4000円前後になる。


「RAYZ Rally XW-LTS5」。左からアイス、オニキス、スペースグレイ

 RAYZ Rallyは、iPhoneやiPadなどのLightning端子に接続して使用できるスピーカ。低消費電力で駆動する技術を用いており、バッテリは内蔵せず、iPhoneやiPadから電力供給を受け使用する。

 Lightningコネクタに全指向性マイク、本体部に30mmのスピーカを内蔵し、会議などでの使用にも配慮。マイクの集音を遮断するマイクミュート機能をオンにできるスマートボタンを装備。スマートボタンでは、Siriを有効にしたり、曲の再生、一時停止、曲送り、曲戻しなどの操作も可能だ。

 サイズは高さ20.5mm×幅47mm×奥行き62mmで、重量約70g。アイス(7月下旬発売)とオニキス(8月下旬発売)の2色を用意するほか、Apple Store限定色としてスペースグレイモデルをラインアップする。

 パイオニアでは、2月にLightning端子接続のイヤホン「RAYZ Plus(レイズプラス) SE-LTC5R」と「RAYZ(レイズ) SE-LTC3R」を発表。RAYZ Plusは、ケーブルにLightning接続用の充電用ポートを備え、充電しながら通話や音楽を聴くことができる。6月23日には、Apple Store限定色としてローズゴールドとブラックを追加した。


「RAYZ Plus SE-LTC5R」。左から、ローズゴールド、ブラック
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集