300機のドローンが夜空を舞う--ハウステンボスで日本初のライトショー開催へ

藤井涼 (編集部)2017年06月23日 12時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハウステンボス、インテル、hapi-robo st(ハピロボ)は6月23日、300機のドローンが夜空を舞う「インテル Shooting Star ドローン・ライトショー」を、7月22日~8月5日まで、長崎県佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」のハーバーエリアで毎日開催することを発表した。

ハウステンボス
左からハピロボ代表取締役社長の富田直美氏、ハウステンボス代表取締役社長の澤田秀雄氏、インテル代表取締役社長の江田麻季子氏、インテル・コーポレーション ニューテクノロジー事業本部 副社長のアニール・ナンデュリ氏

 インテル Shooting Starは、お祭りやイベントなど、エンターテイメントに特化してデザインされたクアッドコプター型のドローン。安全性を重視しており、重量は約320gと軽量で、筐体はプラスチックと発泡体でできている。また、プロペラは保護ゲージに包まれている。実装されたLEDライトによって、40億ものカラーコンビネーションを実現できるという。

 このライトショーは、オーストラリア、ドイツ、オーストリア、メキシコ、シンガポール、アメリカなどで100回以上開催されている。ハウステンボスでは、開業25周年スペシャル企画として、300機のドローンが音楽に合わせてさまざまなシーンや3Dアニメーションで飛行するショーを来園者に披露する予定だ。1回につき10分程度飛行するという。


 ハウステンボスは、2015年7月にロボットがスタッフを務める「変なホテル」の開業を皮切りに、最新テクノロジを体感できる「ロボットの館」や、店長と料理長がロボットの「変なレストラン」などのロボット活用を積極的に進めている。

 また、1月にはハピロボとともに日本初の「夜間ドローンレース」を開催。さらに、6月24日にはVRコンテンツの体験施設「SHIBUYA VR LAND」を東京の渋谷にオープンする予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加