logo

小売業界を震撼させたアマゾンのWhole Foods買収が意味するもの

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル2017年06月23日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは米国時間6月16日、オーガニック食品を扱う高級食料品チェーンのWhole Foods Marketを137億ドルで買収するというニュースによって、小売業界を驚かせた。

 買収金額は全て現金で支払われる。Amazonにとって過去最大規模となる今回の買収により、今後、同社が米国トップ5の食料品小売業者となる可能性もある。また、6000億ドル規模とされる食料品小売市場への参入に関して言えば、今回の買収は、Amazonの戦略的取り組みにとってターニングポイントとなるはずだ。

 食料品小売はあらゆる小売業の中で、購入頻度が最も高い分野の1つだが、デジタル面での地位がまだ確立していない最後の商業分野の1つでもある。Amazonの名誉のために言っておくと、同社は地元のシアトルで食料品店のコンセプトや注文した商品の受け取りサービスを試してきた。しかし、それらのプロジェクトを拡大できるかどうかについては、依然として疑問が残っている。

 そうした取り組みにWhole Foodsを加えることで、Amazonは同社のEコマース帝国全体を支える実店舗の支柱を構築しようとしている。

 Whole Foodsの買収により、Amazonは食料品小売分野で即座に物理的な拠点が得られ、生鮮品の在庫や配達サービスなど、「AmazonFresh」で直面したサプライチェーンの諸問題の一部を軽減することができる。さらに、新鮮なオーガニック食品を自社のオンラインマーケットプレイスで販売できるだけでなく、買い物客に対して、通路を歩き回らなくてもオンラインで注文した製品を迅速に受け取れるという選択肢を与えることも可能になる。

 最終的に、Amazonは食料品の当日配達を標準にしたいと考えており、Whole Foodsの店舗を「Prime Now」やAmazonFreshの専用のフルフィルメントセンターとして機能させるだろう。

 小売分析企業Euclid Analyticsの最高経営責任者(CEO)を務めるBrent Franson氏は、「Whole Foodsによって、サプライチェーンの諸問題は全て解決する。そして、Amazonは宅配を試してみたいと考える可能性のある顧客にアクセスできるようになる」と述べている。

 さらに、顧客のデータもある。現代の多くの食料品店チェーンと異なり、Whole Foodsはポイントプログラムを導入してこなかった。つまり、Amazonは豊富な顧客のデータセットにすぐにはアクセスできないが、「Amazon Prime」のメンバーシップを入り込ませて隙間を埋める道が開かれている、ということだ。

-PR-企画特集