logo

ファミリーネット・ジャパン、IoT技術によるスマートロックを活用した内見予約サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京電力グループのファミリーネット・ジャパンは6月21日、建物オーナーや不動産管理会社向けに、IoT技術によるスマートロックを活用した内見予約サービスを、7月1日より販売すると発表した。



 スマートロックは、スマートフォンが鍵代わりとなって、玄関扉を開閉操作できるシステム。外出先からの遠隔操作も可能とし、玄関扉の開閉記録をスマートフォンへ通知できるので、子供の帰宅確認や離れて暮らす親の安否確認にも使える。

 本サービスは、ファミリーネット・ジャパンが提供する全戸一括型インターネットを基盤に、IoT技術を活用したスマートロックや、内見予約システムをセットにして提供するもの。

 内見希望者がPCやスマートフォンからインターネット予約すると、時限式の電子キーが招待メールとしてスマートフォンに届き、不動産管理会社を訪れなくても、予約時間帯のみ、物件の玄関扉を開閉操作して内見が可能だ。

 不動産管理会社は、内見状況をデータベース上で管理することができ、内見希望者だけで物件訪問をした場合でも、管理画面から施錠・解錠記録を確認することが可能。仲介会社との間で発生している鍵の受け渡しを省くことができる。


-PR-企画特集