アップル、ITベンダーランキングで首位を維持--ガートナー

Tas Bindi (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年06月21日 11時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IT市場調査会社Gartnerの米国時間6月19日の発表によると、Appleは2016年、ITとコンポーネントの売上高で2181億ドルを記録し、世界ITベンダーランキングで再び首位に輝いた。ライバルである2位のサムスンに790億ドルの差を付けたという。

 Appleは、2016年の売上高が2015年の2350億ドルから減少したにもかかわらず首位の座を維持した。

 サムスンのITとコンポーネントの売上高は1391億ドルで、2015年の1420億ドルから減少した。一方、3位のGoogleは901億ドルで、2015年の749億ドルから増加した。

 MicrosoftとIBMも2016年にそれぞれ857億ドルと778億ドルの売上高を記録し、トップ5に入った。両社の2015年の売上高はそれぞれ881億ドルと796億ドルで、2016年はいずれも前年比減となった。

 上位3社(Apple、サムスン、Google)がこれだけの売上高を達成できたのは、「力の結節」がうまく機能しているからだとGartnerは述べた。同社は力の結節について、「新たなビジネスシナリオを生み出す、ソーシャルとモビリティ、クラウド、情報の結びつき」と説明した。

 GartnerのバイスプレジデントであるJohn-David Lovelock氏は、「ITバイヤーのニーズは変化している。最高経営責任者(CEO)は成長に注力しており、IT支出からビジネス上の成果を得ることに一層注力している」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加