logo

ソフトバンク、5Gの実証実験でZTEと提携--東京都心の環境で

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2017年06月14日 10時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国の電気通信技術ソリューションプロバイダーであるZTEは、ソフトバンクと提携したことを発表した。東京で6GHz以下(サブ6GHz)の4.5GHz帯で5Gの実証実験をするという。

 ソフトバンクは、東京の都心部という現実の環境で、ZTEの5Gネットワークソリューションを使って5G通信を試験する。

 ZTEとソフトバンクは、Massive Multiple-Input Multiple-Output(Massive MIMO)技術など、プレ5G技術の研究開発で協力してきた。この提携関係が今後、5Gの新しい無線帯域を利用するNew Radio(NR)などに拡大される。

 ZTEでチーフサイエンティストを務めるXiang Jiying氏は次のように述べた。「当社は、Massive MIMOなどの主要な5G技術でソフトバンクと長期にわたり提携している。そうした取り組みを拡大し、5G NRに向けた準備を加速できることを喜ばしく思う」

 「われわれは、ZTEがエンドツーエンドの5Gソリューションをいち早く提供するベンダーになると確信している」(Jiying氏)

 ZTEは2月、10Gbps対応の5Gミリ波(mmWave)およびサブ6GHzベースの基地局をリリースする計画を発表した。この基地局は、3GPPの5G NR規格と5G向け周波数帯に対応するという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集