logo

NSAのリーク文書、プリンタを特定する極小ドットが印刷されていた--逮捕の鍵に

Alfred Ng (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2017年06月07日 12時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 捜査当局は、被疑者の特定にあらゆる種類の形跡を活用している。そうした形跡には指紋や足跡があるが、このほど逮捕、起訴されたReality Winner被告の場合、肉眼ではほとんど見えない跡が使われた。

 米国家安全保障局(NSA)の業務委託業者で契約社員として勤務していたWinner被告は米国時間6月5日、機密資料を報道機関に提供したとしてジョージア州の裁判所に起訴された。この最高機密情報は5月5日付のNSA報告書で、最初にThe Interceptに掲載された。文書には、2016年11月に行われた米大統領選挙までの2週間の間に米当局者のコンピュータに対する攻撃を試みたロシア人ハッカーについて詳細な記載がある。

 NSA文書のリークが明らかになったわずか3日後には、米連邦捜査局(FBI)の前長官であるJames Comey氏が、この件について調査している上院委員会で証言する予定になっている。

 印刷のミスを手がかりに、FBIは6月3日、かつて米空軍の言語学者だったWinner被告の自宅に行き着き、逮捕に至った。米司法省による刑事告訴状の中で、検察はリークされた文書が印刷され、何度か折りたたまれ、ページにしわが付いているのを目視で確認したと述べた。ただし、Winner被告が情報漏えいの容疑者として告訴されたのは、目に見えない証拠があったからだ。

 NSAのプリンタで印刷されたページには、目に見えない追跡ドットが付いていた。電子フロンティア財団(EFF)によると、これは科学捜査で手がかりになる、現代のプリンタによくある特徴だという。肉眼ではほとんど見えないが、Errata SecurityのRob Graham氏がやってみせたように色を反転させると、はるかによく分かるようになる。


これは文書の色を反転させて明るさを増したもの。よりドットが分かりやすくなる。
提供:Alfred Ng / CNET

 これらのドットはXerox製プリンタ「DocuColor」のパターンの一部で、印刷されたページの端にかけて15×8の格子状に黄色のドットが繰り返し刻まれる。このドットは追跡情報が詰まったコードであり、ドットを解析することで、時刻、日付、印刷されたプリンタのシリアル番号が分かる。

 Errata Securityは、リークされた文書のコードを使用して、これらのページが5月9日午後6時20分に、シリアル番号29535218のプリンタで印刷されたと説明している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集