logo

Uber、ハラスメント問題で20人以上を解雇か

Dong Ngo (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年06月07日 08時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 配車サービスを展開するUberが米国時間6月6日、ハラスメントを理由に20人の従業員を解雇したとBloombergが報じている。同社はさらに、31人にカウンセリングやトレーニングを義務付け、7人に書面で警告したという。

 今回の解雇は、1万2000人を超える同社従業員に対するハラスメントや差別などの問題を担当した法律事務所Perkins Coieによる調査結果を受けたもの。Perkins Coieは、215件の申し立てを調査し、そのうち100件は却下したが、57件はまだ調査中とされている。

 Uberは、解雇した従業員の名前を明らかにしなかった。同社に対してはこれとは別に、米国の元司法長官であるEric Holder氏の主導の下でもハラスメント問題が調査されている。

 スキャンダルが相次ぐ中、この数カ月間で10人ほどの上級幹部がUberを去った。社長を務めていたJeff Jones氏、エンジニアリング担当プレジデントだったAmit Singhal氏、財務責任者だったGautam Gupta氏、自動運転車プログラムを統括していたAnthony Levandowski氏などだ。

 Uberにコメントを求めたが、直ちに回答は得られなかった。Perkins Coieの広報担当者は、同社は「継続中のクライアント案件については決してコメントしない」と述べた。


提供:Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集