logo

アップルのコード学習アプリ「Swift Playgrounds」、ロボットやドローンに対応

Stephanie Condon (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年06月02日 11時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll Right Scroll Left

提供: James Martin/CNET

 学生や生徒はAppleの「iPad」向けプログラミング学習用アプリ「Swift Playgrounds」を利用して、米国時間6月5日からロボットやドローン、楽器をプログラミングできるようになる。同社が6月1日に発表した

Swift Playgrounds
Swift Playgrounds
提供:Apple

 Appleは、デバイスメーカーと提携し、Swift PlaygroundsアプリをBluetooth対応ロボットに接続して、子どもたちがデバイスをプログラムできるようにする。対象となるデバイスとして、「LEGO MINDSTORMS Education EV3」や球体ロボット「Sphero SPRK+」、Parrotのドローンなどがある。

 Appleによると、リリースから約1年経った現在、計100万人を超える子どもと成人がSwift Playgroundsを利用しているという。

 Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントであるCraig Federighi氏は、次のように述べている。「Swift Playgroundsを通じて、作成したコードを瞬時に確認し、お気に入りのロボットやドローン、楽器を直接操作できるようになった。信じられないほど刺激的で強力な学習方法だ」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集