logo

アップル、「Siri」搭載スピーカをすでに製造中か--WWDCで発表と報道

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2017年06月01日 11時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの開発者向け年次会議Worldwide Developers Conference(WWDC)を前に、同社が「Siri」搭載スピーカを発表するといううわさが広がっているが、この件についてさらに詳しい話が報じられた。

 Bloombergの報道によると、Appleの音声制御スピーカはすでに製造段階に入っており、WWDCで発表される可能性があるという。ただし、このデバイスが発売されるのは2017年内のそれよりも遅い時期になるとのことだ。

 Bloombergがこの件に詳しい情報筋の話として報じたところによると、このデバイスにはタッチスクリーンはないものの、バーチャルサラウンド技術が搭載されるという。Bloombergはこのデバイスが「HomeKit」のハブとしても利用でき、「Apple Music」に対応するとの見方を示している。さらに、Appleがこのデバイス用のサービスをサードパーティーに開発してもらう意向もあると伝えている。

 Appleにとって、スマートスピーカは長く開発が待たれていた製品だ。スマートホームのプラットフォームであるHomeKitが発表されたのは、2014年のWWDCでのことだった。しかし、その後GoogleとAmazonが、それぞれ「Google Home」および「Amazon Echo」という音声制御スピーカを発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集