logo

東芝「4Kレグザ X910/Z810X」がバージョンアップ--HLG方式に対応

加納恵 (編集部)2017年05月25日 17時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝映像ソリューションは5月25日、「4Kレグザ X910/Z810X/BZ710X/M510X」のHDMI端子をHLG(Hybrid Log-Gamma)方式のHDRフォーマット入力に対応すると発表した。


「4Kレグザ 55X910/65X910」

 HLG方式でのHDRフォーマット入力は、2016年12月にHDMIフォーラムにて規格化。4Kレグザ X910/Z810X/BZ710X/M510Xでは、すでにUltra HD Blu-rayのHDRフォーマット入力に対応しており、HLG方式のHDRフォーマット入力を追加する。

 これにより今後発売される別売の4K BS、110度CSチューナを接続し、2018年12月から開始予定のBS、110度CSによる4K放送のHDR放送の視聴も可能になる。

  X910/Z810Xシリーズは5月30日にバージョンアップ対応するとのこと。BZ710X/M510Xシリーズは対応済みになっている。

 また、X910/Z810Xは、スポーツの動画配信サービス「DAZN」に対応するとともに、地上デジタル放送などが高画質で視聴できる「地デジビューティ PRO」にも対応。X910のみ、暗部の階調表現を向上するバージョンアップも実施する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集