logo

講談社、電子書店を無料開設できる「じぶん書店」を正式オープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 講談社は5月15日、ブラウザーベースの電子書店開設サービス「じぶん書店」を正式にオープンしたと発表した。4月20日に事前登録を開始しており、正式オープン時点で約130の作家・編集者が開いた公式書店と約4000の一般ユーザーによる書店が公開されている。

「じぶん書店」 「じぶん書店」
※クリックすると拡大画像が見られます

 じぶん書店は、講談社が展開している約3万2000点の電子書籍の中から、売りたいタイトルを選び、推薦コメントを入れるだけで電子書店を無料で開設できるサービス。電子書籍が売れた場合は、10%のアフィリエイトコインが書店運営ユーザーに与えられる。

 アフィリエイトコインは、電子書籍の購入や書店に並べられる商品点数の拡張などに使えるほか、エクスチェンジサービスとの連携により、他のポイントやマイルに替えることも可能だという。

 スタート時点では、片倉真二氏の「犬飼書店」、片倉真二氏の「便所本」、弘兼憲史氏の「書店員 島耕作」、松浦だるま氏の「松浦だるま書店」、恵三朗氏の「さぶろうの好きなマンガならべ」、幸村誠氏の「幸村誠書店」などの書店が公開されている。

 今後は、商品登録時の検索機能の改善のほか、PCでも使いやすいユーザーインターフェースやデザインへのリニューアル。他出版社と連携した講談社以外の作品の取り扱い、音楽や動画など、他ジャンルのデジタルコンテンツ商品の拡充を目指すとしている。

-PR-企画特集