logo

KDDI、受信最大590Mbpsの高速データ通信サービス--CAを進化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと沖縄セルラー電話は5月15日、4G LTEの150MbpsとWiMAX 2+の440Mbpsを組み合わせることで、受信最大590Mbpsの高速データ通信サービスを5月16日より、東京都、愛知県、大阪府の一部エリアから順次提供を開始すると発表した。


 また、5月16日より配信するソフトウェアアップデートの適用により、Wi-Fiルータ「Speed Wi-Fi NEXT W04」にて、受信最大590Mbpsが利用可能となる。

 同社によると現在、KDDIグループで提供するWiMAX 2+において、データの送信側(基地局)と受信側(端末)のそれぞれに4本のアンテナを搭載し、データを多重で伝送する「4×4 MIMO」と「キャリアアグリゲーション(CA)」を組み合わせることで、受信時最大440Mbpsを実現している。

 なお、今後発売を予定している最新のauスマートフォンでは、2つのネットワークの中から、通信環境に応じて快適なネットワークへ自動的に接続することで、受信最大590Mbpsの高速データ通信が利用できるという。ただし、590Mbpsへの対応は、一部のスマートフォンのみとなる。

-PR-企画特集