存在感が増すIT企業--写真で見る世界最大級の放送機器展「NAB Show 2017」

山川晶之 (編集部)2017年04月28日 17時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 NAB Showは、National Association of Broadcasters(全米放送事業者協会)が主催する放送機器ショー。1923年にスタートし、映像業界では老舗のイベントになっている。

 日本からもキヤノンやパナソニック、富士フイルムなど映像機器メーカーが多く出展しているほか、映像制作プロダクションなど日本からの参加者も多く見られた。

 NAB Showは、National Association of Broadcasters(全米放送事業者協会)が主催する放送機器ショー。1923年にスタートし、映像業界では老舗のイベントになっている。

 日本からもキヤノンやパナソニック、富士フイルムなど映像機器メーカーが多く出展しているほか、映像制作プロダクションなど日本からの参加者も多く見られた。

 世界最大級の国際放送機器展「NAB Show 2017」が4月24〜27日に開催された。

 世界各国の映像機器メーカーが一堂に集結するイベントとして長い歴史を持つが、近年ではインターネット動画プラットフォームやデジタル配信の需要の高まりとともに、放送機器メーカー以外にも大手IT系企業の出展が増えてきている。

 ここでは、映像向けサービスを提供する大手IT企業を中心にブースの様子を写真で紹介する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加