logo

DNPら、神楽坂の赤城神社で多言語翻訳サービスの実証実験

加納恵 (編集部)2017年04月27日 12時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画面イメージ

 大日本印刷は4月27日、NPO法人地域創生機構、太陽堂封筒、アンダースと共同で、神楽坂・赤城神社で多言語翻訳サービスを活用した外国人向けの実証実験を実施すると発表した。実施期間は4月29日から6月4日まで。

 実証実験では、赤城神社内の各施設にQRコードを掲出し、そのコードをスマートフォン等で読み込むことによって、情報を多言語で配信する。配信コンテンツは「赤城神社の歴史」、「現社殿を設計・監修した隈研吾氏のメッセージ」、「参拝の作法」など。日本語、英語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語、フランス語、ロシア語の7言語に対応する。

 赤城神社は神楽坂にある人気の観光スポット。周辺の地域には多くの外国人が住んでいる。


実証実験の様子

-PR-企画特集