logo

セブン‐イレブンと「Pokemon GO」がコラボ--約1万9000店舗がポケストップに

佐藤和也 (編集部)2017年04月14日 17時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セブン‐イレブン・ジャパン、Niantic、ポケモンの3社は、スマートフォン向け位置情報ゲームアプリ「Pokemon GO」のパートナーシップ契約を締結。4月14日から、全国のセブン‐イレブン店舗が、Pokemon GOの「ポケストップ」としてゲーム内に登場する。

  • セブン‐イレブン店舗がポケストップに

 Pokemon GOでは、ポケモンを捕まえるのに必要な道具などが入手できるポケストップや、他のプレイヤーのポケモンと戦うジムが、現実世界の名所旧跡やモニュメントなどに設定されている。今回のパートナーシップ契約締結により、セブン‐イレブン店舗約1万9000 店が、ポケストップとして登場。一度に加わるポケストップの数としては、アプリ配信以来最多としている。なお、病院内や駅構内などに位置する一部の店舗では設定されていないという。

 また、「Google Play ギフトカード」初の限定デザインカードとなる、Pokemon GOデザインのGoogle Play ギフトカードが4月24日から発売。コンビニエンスストアでは、セブン‐イレブン限定の取り扱いで、ソフトバンクショップやポケモンセンターなどでも販売予定。

-PR-企画特集