logo

米、反トランプ政権アカウントの正体特定を断念--Twitterは訴訟を取り下げ

Stephanie Condon (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年04月10日 10時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Trump政権は、「@ALT_USCIS」というTwitterアカウントを使用する「反Trump」とみられる連邦政府職員の正体を暴こうとしていたが、それを断念した。

 それを受けて、Twitterは連邦政府に対する訴訟を取り下げることを裁判所で表明した。

 その前日、Twitterは@ALT_USCISの正体を暴く情報の提供を同社に求める米国土安全保障省(DHS)の召喚状に反発して、DHSを提訴していた。この召喚状は輸入商品に関する案件に対処するための「目的の限定された調査ツール」を悪用しているとTwitterは主張した。

 米国時間4月7日、米カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所に提出した文書の中で、Twitterは米司法省から連絡があり、米税関国境警備局(CBP)が召喚状を撤回したことを知らされたと述べた。

 この案件が訴訟に発展した場合、法廷で@ALT_USCISの代理を務める予定だった米国自由人権協会(ACLU)は、7日の進展を「言論の自由と異議を唱える権利にとって大きな勝利」と評した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集