logo
CNET Japan Live 2017

AIでしゃべる「タチコマ」や声で動く鉄道模型--「CNET Japan Live 2017」展示ブース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「CNET Japan Live 2017 ビジネスに必須となるA.Iの可能性」が2月21~22日に開催された。本稿では展示会場レポートをお届けする。

 「CNET Japan Live 2017 ビジネスに必須となるA.Iの可能性」が2月21~22日に開催された。本稿では展示会場レポートをお届けする。

 CNET Japanでは、2月21~22日にかけて、本誌主催のイベント「CNET Japan Live 2017 ビジネスに必須となるA.Iの可能性」を開催した。人工知能、機械学習、ディープラーニングなどの技術が、ビジネスにどのような影響を与え、どう役立つのか。実際にAIを活用している各社の見解や取り組みなどをセッション形式で紹介した。

 イベントでは、講演のほかにもAIを使ったサービスを展開する企業が集結した展示ブースを設置。ロボットを使った音声対応システムやチャットボットを使った接客ツールのほか、「攻殻機動隊」に登場する「タチコマ」を再現したAI電動フィギュアなどを展示。この記事では、展示ブースを写真ベースで紹介する。

 展示企業(五十音順)は、ALBERT、イサナドットネット、テクノスデータサイエンス・エンジニアリング、トレジャーデータ、ナビタイムジャパン、ナレッジコミュニケーション、ブロードバンドタワー/エーアイスクエア、ヘッドウォータース、リブセンス。また、特別展示として、Cerevoのほか、僚誌「鉄道コム」と「Microsoft Azure」のコラボ企画を実施した。

-PR-企画特集