「Windows 10 Creators Update」、4月11日に提供開始へ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2017年03月30日 10時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ここ数週間うわさされていたとおり、「Windows 10 Creators Update」(2017年3月にちなんだ別名「1703」でも知られる)の一般提供が、4月11日から全世界で開始されることがわかった。

 Microsoftは3月29日付のブログ記事でこのリリース日を発表した。ただし、2016年8月にリリースされた「Windows 10 Anniversary Update」と同じように、Creators Updateのリリースは段階的に行われ、完了までには数カ月かかるとみられる。

 Microsoftが4月11日から一般ユーザーに提供する、この「Windows 10」のビルド番号は「15063」だ。このビルド番号はRTM(Release to Manufacturing=製造工程向けリリース)版と呼ぶべきではないが、「Release to Mainstream」(メインストリームユーザー向けリリース)であるという意味ではRTMだ。このCreators Updateをインストールすると、さまざまな修正プログラムや更新プログラムがインストールされる。

 Creators Updateには、新しい「Game Mode」やゲームストリーミング機能の「Beam」など、一般消費者向けの機能がいくつか搭載されている。また、Microsoftの複合現実(MR)プラットフォーム「Windows Mixed Reality」に対応するほか、「Microsoft Edge」ブラウザに新たな電子書籍機能とタブ管理機能が追加される。さらに、新しい「Paint 3D」アプリケーションもこのリリースに搭載されるが、従来の2Dの「Paint(ペイント)」アプリケーションもこれまで通り利用できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加