Instagram、2段階認証を追加--慎重な取り扱いを要するコンテンツ用のフィルタ機能も

Alfred Ng (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年03月27日 08時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 写真および動画共有ソーシャルネットワークのInstagramが、2段階認証機能を全ユーザー向けにリリースした。6億人のアクティブユーザーに対するセキュリティ対策の強化を図る。

 2段階認証は、ユーザーが設定で有効にすることができる。

 Twitter、Facebook、Googleはこれまでに2段階認証を導入している。

 2段階認証を有効にすると、認証コードが書かれたテキストメッセージをユーザーが受け取れない場合のための5つのバックアップコードが提供され、コードのスクリーンショットが自動的に端末に保存される。

 このパスワード関連のセキュリティアップデートに加えて、慎重な取り扱いを要するコンテンツとしてマーク付けされた画像や動画用のコンテンツフィルタが追加された。フィルタをタップしなければ、それらのコンテンツは表示されない。

 Instagramは23日付けのブログ記事に「これらの投稿は、当社のガイドラインに違反していないが、取扱いに注意が必要であるとして、一部のユーザーから報告が寄せられ、当社のレビューチームが確認したものだ」と記している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加