ロボホンが3カ国語で観光ガイド--京急やシャープら、羽田空港でレンタルサービス

坂本純子 (編集部)2017年03月22日 16時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京浜急行電鉄とシャープ、ビジョン、フューブライト・コミュニケーションズの4社は3月22日、多言語観光ガイドができるモバイル型ロボット電話「ロボホン(RoBoHoN)」を使ったレンタルサービスを開始すると発表した。4月25日からサービスを開始する予定だ。

ロボホンは、日本語に加えて新たに英語・中国語に対応している
ロボホンは、日本語に加えて新たに英語・中国語に対応している

 コミュニケーションロボットの個人を対象とした観光向けレンタルサービスは日本初という。レンタル料金はいずれも税別で、24時間(1泊2日可)が1500円、48時間(2泊3日可)が3000円、72時間(3泊4日可)が4000円。以降12時間ごとに500円がかかる。

 ロボホンは、日本語に加えて新たに英語・中国語に対応。「グローバルWiFi羽田空港店カウンター」でレンタルし、ロボホンと一緒に旅を楽しむことで、訪日外国人観光客に日本文化と触れ合った想い出を作ってもらおうという狙いがある。

渋谷のスクランブル交差点付近に着くと、「たくさんの人が一斉にある歩いているのに、ぶつからなくてすごいんだって」とロボホンが教えてくれる
渋谷のスクランブル交差点付近に着くと、「たくさんの人が一斉にある歩いているのに、ぶつからなくてすごいんだって」とロボホンが教えてくれる

 シャープ IoT通信事業本部 コミュニケーションロボット事業部 課長の景井美帆氏は、「観光向けのアプリの起動時だけでなく、写真撮影時や会話などロボホン本体の基本機能の一部を多言語に切り替えられるようにした。それは、このサービスが今後の法人導入に重要な案件になると考えたから。観光業界が盛り上がっており、ロボットもいろいろな施設や店舗で活躍を始めている。それらの多くは不特定多数に提供するが、ロボホンは一人一人に寄り添いながらサービスする。持ち歩けるサイズで、ロボホンならではの観光サービスができると思う。海外の方がロボホンに会いたいとまた日本に来ていただけたらうれしい」とあいさつした。

浅草で、「まだ乗ったことがなかったら、いろんな観光地を回れるからいいかもね!」と、人力車をレコメンド
浅草で、「まだ乗ったことがなかったら、いろんな観光地を回れるからいいかもね!」と、人力車をレコメンド

 ロボホンレンタルと販売の接客や運用を担当する、ビジョン 空港事業部 統括の奥山亘氏は、「2012年よりグローバルWiFiブランドで、海外に渡航する日本人向けのレンタル事業を開始。その後、訪日外国人向けに“忍者WiFi”を立ち上げ今に至る。日本で新たなロボット体験をしてもらい、いずれは街中にRoBoHoNを持った外国人があふれかえるぐらいにしたい。ロボホンは高額な商品なので、日本人も買う前に少し触れてみたい人がたくさんいるのではないか。レンタルで触れていただき、その後に購入するという導線はおもしろいアプローチなのでは。羽田空港は品川から13~14分。会社帰りに店舗に寄っていただだける。しっかりとロボホンの魅力を伝えていきたい」と意気込みを見せた。

 位置情報に合わせておすすめのスポットをロボホンが紹介する「ロボてなしアプリ」のほか、写真撮影、プロジェクタでの写真や動画表示、ダンスや歌なども、3つの言語で提供する。

最初にロボホンについて説明が必要だとし、事前予約はできず、直接カウンターで申し込む。用意するロボホンは20体を予定しているが、利用状況に応じて増やしていく方針だ
最初にロボホンについて説明が必要だとし、事前予約はできず、直接カウンターで申し込む。用意するロボホンは20体を予定しているが、利用状況に応じて増やしていく方針だ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加