[ブックレビュー]読みながら記憶力を身につける--「勉強も仕事も時間をムダにしない記憶術」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大和書房
詳細:単行本 / 240ページ / 大和書房 / 著者:山口佐貴子 / 発売日:2017/02/24 / 外形寸法 (H×W×D):19.0cm×13.4cm×1.8cm / 重量:0.3kg
内容:記憶力がないから仕事や勉強が上手くいかないと――と考えたことはないだろうか。物の覚え方や記憶力の身につけ方を教わることはほとんどないが、実はちょっとしたコツで身につけられるという。

 学校では、勉強すべき知識は習うが、習ったことの「覚え方」や「本はどのように読めばいいのか」などの技術的な部分はほとんど教わらない。すると、要領が良かったり、物事を素早く把握する能力に長けている人だけが、どんどん勉強ができるようになる。記憶することが苦手な人は、試験で苦労する。それは社会人になっても変わらず、なかなか記憶できないと、資格試験の勉強で苦労したり、人の名前と顔が覚えられず失敗してしまったりする。しかし、記憶方法を習いさえすれば、実は誰でも必要に応じて学習の成果を出せるようになるのだ。

 本書の本文は2色刷りで、大事な箇所には青いハイライトが引いてある。つまり、本書全体を使って、本の読み方を学べるようになっているのだ。要点のまとめ方や、メモの書き方なども、例や図解を使ってわかりやすく説明されており、そのまま真似すれば、自分のメモの取り方が改善される。

 速読術の「フォトリーディング」と、ノート術の「マインドマップ」なども登場するが、それは1つの手段でしかない。これまで、自分には記憶力がないと思い込んでいる人なら、本書の前半で解説されている「記憶のしくみ」や「本の読み方」について知るだけで、何か誤解をしていたことが分かり、「やり方」を知るのではないだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加