講談社、自分だけの電子書店を持てる「じぶん書店」--売上の1割をユーザーに還元

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 講談社は3月9日、スマートフォンだけで自分の電子書店を開設できる「じぶん書店」を4月にリリースすると発表した。サービスシステムの開発・運営はメディアドゥと共同で実施する。


 じぶん書店は、講談社が展開している電子書籍約3万2000点の中から、ユーザー自身が販売したいタイトルを選び、推薦コメントを入れるだけで、自分の電子書店を無料で開設できるサービス。

 SNSで販促活動できるよう、簡単にシェアできる機能を提供する。ブラウザベースのサービスのため、シェアされた記事を見た人がその書籍に興味を持った場合、アプリをダウンロードすることなく、すぐに試し読みでいる。その場で会員登録をすれば購入も可能だ。

 電子書籍が売れた場合は、書店ユーザーに10%のアフィリエイトコインが振り出され、電子書籍の購入や書店の拡張に利用できる。さらに、エクスチェンジサービスと連携し、他のポイントやマイルに交換できる。

 サービスリリース時には、講談社から出版している作家の書店や編集者の書店も開設予定。将来的には、他の出版社の作品や動画・音楽などのデジタルコンテンツも取り扱う予定だという。


サービス概要
  • このエントリーをはてなブックマークに追加