ソニー、AnimeJapanで「魔法科高校の劣等生」とコラボ--最新技術で“魔法力を測定”

佐藤和也 (編集部)2017年03月06日 13時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは3月6日、東京ビックサイトにて3月25日と26日の2日間開催されるイベント「AnimeJapan 2017」において、アニメ「魔法科高校の劣等生」とコラボしたブース「魔法師開発研究所」を出展すると発表した。

  • TVアニメ「魔法科高校の劣等生」キービジュアル

    (C)2013 佐島 勤/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/魔法科高校製作委員会

 魔法科高校の劣等生は、魔法が現実の技術となる2090年代の日本を舞台とした小説作品。TVアニメシリーズとして展開され、6月17日には劇場版の公開も予定されている。

 出展するブースでは、2090年代に向けて魔法の発現や魔法師の発掘を目的とした試験や実験を行うという形で、同社の最新技術や製品、サービスを活用した展示・体験が行われる。試験用にチューニングされた拳銃型CAD(シーエーディー)を使い、魔法で敵を捕捉する「魔法師適性試験」では、独自の動的空間プロジェクション技術を起用した「Moving Projector」や振動デバイスによってリアルな触感を手の平に再現する触覚提示技術を活用。知覚系魔法の受信能力を判定する「知覚魔法師適性試験」では、各スピーカーから出力する位相、振幅などを適切に制御することで音場をコントロールする技術などを活用して、アニメの世界観を味わえるようになっている。

 ほかにも没入型映像システム技術を活用し、魔法師の候補者が手を動かすと情報素子のサイオン(想子)の量が可視化される「サイオン量測定」や、魔法師に必須の「魔法工学デバイス」を司波兄妹が紹介するコーナー、劇場版主題歌のハイレゾ試聴や、トレイラーおよびキャストのコメントの映像視聴が体験できる「魔法師への道」といったコーナーも設けられている。

アニメ「魔法師開発研究所」AnimeJapan「魔法師開発研究所」
拳銃型CADイメージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加