logo

博報堂、イノベーションを誘発する独自プログラム「Future Scenario Mapping」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 博報堂のイノベーション創発の専門組織「博報堂イノベーションデザイン」は2月23日、企業・組織の新規事業創造をサポートする独自のプログラム「Future Scenario Mapping(フューチャー・シナリオ・マッピング)」の提供を開始した。

 Future Scenario Mappingは、企業や組織が新たなイノベーションを生み出す上での課題を鑑み、開発された独自のイノベーション誘発プログラム。未来に関わる事象や兆しなどを幅広く情報収集・分析し、それらに意味付けをして未来を洞察。企業・組織で共有し、イノベーション活性化につながるアウトプット(=Future Scenario Map)を制作する。

 同プログラムで制作するFuture Scenario Mapは、数十年先の未来を閲覧できるツールであり、ウェブやアプリなどのデジタルプロダクツやブックなど、プロジェクトに合わせて最適なアウトプット手法を提案する。

「Future Scenario Map」
「Future Scenario Map」

 今回の取り組みにあわせて、博報堂イノベーションデザインオリジナルのFuture Scenario Mapを公開。博報堂が提携するデジタルプロダクト開発スタジオのリアクタージャパンと連携した「INNOVATION GENERATOR」を活用して制作された。約30個のシナリオから成り立ち、それぞれのシナリオのベースになる情報ソースやシナリオ同士の相関性などが確認できるという。

 また、同プログラムは、事業・商品開発、研究テーマ開発、オフィススペースイノベーションに取り組む企業・組織への提供を想定。各課題に応じてカスタマイズし、提供するという。

-PR-企画特集