logo

Apple、アバター編集ソフトの特許が成立--オンラインゲームなどに応用可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの考案した興味深い特許が成立した。米国特許商標庁(USPTO)によると、同社のアバター編集技術が米国時間2月21日に「AVATAR EDITING ENVIRONMENT」(特許番号「US 9,576,400 B2」)として登録されたのだ。出願日は2011年4月7日、公開日は2011年10月13日(公開特許番号「US 2011/0248992 A1」)。


登録されたAppleの特許(出典:USPTO)

 この特許は、オンラインゲームや各種アプリで使うアバターを、ユーザー自ら編集できるようにする技術を説明したもの。画面に表示したアバター全体を複数の領域に分け、領域ごとに編集操作を施せるようにしている。実施例では顔の形、目や鼻、口、髪型といったパーツ、肌の色、帽子などを編集対象としているが、クレーム(請求項)では体のどの部分を対象にするのかに言及していない。


アバターの顔を編集する例(出典:USPTO)

 編集作業のユーザーインターフェイスは、タッチパネル操作やジェスチャーが使われる。編集内容については、アバターの構成パーツを選んだり置き場所を変えたりするほか、大きさと向きも変更できるとしている。さらに、3次元(3D)アバターの編集や、アニメーションで動くアバターの編集もカバーする。


パーツの位置などが変えられる(出典:USPTO)

視線を動かせるアニメアバターの例(出典:USPTO)

 ゲームアプリなどでは自分に似せたアバターを作る仕組みは以前から提供されているので、この成立したAppleの特許が影響する領域はかなり広く、注意を要する。

-PR-企画特集