logo

シャープ、UltraHDブルーレイ対応のBDレコーダー--新エンジンで高速、高画質化

加納恵 (編集部)2017年02月23日 16時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは2月23日、UltraHDブルーレイ再生に対応したBDレコーダー「AQUOSブルーレイ BD-UT3100/2100/1100」(店頭税別想定価格:12万円前後/10万円前後/9万円前後)を発表した。「4Kマスターエンジン BD-PRO」を搭載し、映画ソフト、録画番組から番組表まで4Kの高画質クオリティで再現する。発売は3月24日。

「AQUOSブルーレイ BD-UT3100/2100/1100」
「AQUOSブルーレイ BD-UT3100/2100/1100」

 UltraHDブルーレイは、4Kに対応したBDの新規格。すでにパナソニックから対応レコーダーが発売されており、シャープが国内2社目の導入になる。4Kテレビの販売台数増を受け、再生環境の4K高画質化を推進する。

 4Kマスターエンジン BD-PROは、Ultra HDブルーレイ用に開発した新エンジン。高画質化、高速化を実現し、処理スピードを大幅に向上した。同じく新開発のUltra HDブルーレイ用ドライブと合わせることで、ディスクの読み込みスピードもアップ。録画番組、映像ソフト、番組表の高画質化を進めるとともに、高速性能も強化した。

  • 新開発の Ultra HD ブルーレイドライブ

 4Kテレビと接続すれば、Ultra HDブルーレイの4K映像が再生できるほか、ハイビジョン放送を4K解像度にアップコンバートし、60pで出力することが可能。また、電子番組表も4Kテレビに最適なフォント、サムネイルを採用することで、高解像度化した。

 電子番組表は5、8、11、14、17chの表示切替えができ、4K対応の文字解像度を採用した「4Kビジュアル番組表」へと進化。ミニ番組など、表示スペースが小さな番組でも、カーソルを移動させることで、番組名など全体を表示できる。従来地上、BS、CSを放送局の切替えが必要だったが、一覧表示にも対応する。各種サムネイルも高解像度化することで、視認性をアップした。

「4Kビジュアル番組表」
「4Kビジュアル番組表」
  • 裏番組表にもサムネイルなどが表示される

 番組を選択すると、番組内容とともに関連画像や出演者の顔写真などを表示。出演者を選ぶと、出演番組が一覧できるほか、かんたんなプロフィールなどもわかる。顔写真表示はネット接続時に対応しており、ネットに接続していない場合は、シルエット表示に切り替わる。

  • 「見どころポップアップ」

 地上、BS放送のドラマ、アニメ、バラエティなどの新番組を4週間分録画できる「ドラ丸」機能も装備。録画番組を静止画で約5分ごとに子画面表示する「見どころポップアップ」により、番組内容も早送りせずに確認できるなど、現行モデルの機能も継承している。

 本体には地上、BS、110度CSデジタルチューナを3基搭載。BD-UT3100は3Tバイト、2100は2Tバイト、1100は1TバイトのHDDを内蔵。外出先でも録画番組をスマートフォンなどから視聴できる「外からリモート視聴」や番組検索が録画予約が外出先からも可能な「AQUOSリモート予約」などのリモート環境も備える。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集