logo

「Galaxy Note7」が復活するかも--バッテリ交換して再販の可能性が浮上

Cho Mu-hyun (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年02月22日 06時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは「Galaxy Note7」を改修して再販することにより、収益損失を最小限に抑え、環境コストの発生を防ぐ計画だと韓国メディアが報じている。

 同社は、バッテリ容量を元の3500mAhよりも小さくする予定だと、韓国経済新聞が報じた。

 この製品は、主にインドやベトナムなどの新興市場で販売される予定だが、サムスンは「Galaxy Note8」を発売する前に韓国で販売することも検討している可能性がある。

 韓国経済新聞によると、関連部門によるNote7の改修は5月までに完了する予定で、早ければ6月にも同端末の販売が開始される見込みだという。バッテリ容量は3000~3200mAhになるとみられている。

 中核的なコンポーネントは再利用されるが、ケースは新しく製造されるという。

 改修した端末を販売すれば、同社は環境被害に対する罰金を支払わずに済む。韓国環境部は以前、Note7の売れ残り在庫が適切に廃棄されない場合、サムスンに多大な罰金を科す可能性があると述べていた。

 サムスンは以前、市場に流通した306万台のNote7のうちの98%を回収したと発表していた。韓国経済新聞によると、そのうちの20万台はバッテリ発火の原因調査に使われており、サムスンは利用可能な端末が250万台あると試算しているという。

 同社は1月、バッテリの不具合が2016年の発火問題の原因だったと発表し、端末そのものには問題がなかったことを強調していた。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集