「iPad ProはPCより優秀、Wordも使える」--アップルの広告動画4本立て

Chris Matyszczyk (Special to CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2017年02月21日 12時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは「iPad Pro」をコンピュータとして宣伝していたが、米国時間2月17日に公開した新広告によってPCを見下す路線に戻ることにしたようだ。少なくとも、自社最高のタブレットはすべてのPCに勝ると言いたいらしい。

 一連の短い動画広告を通じて、AppleはiPad Proの素晴らしさをさまざまな側面から紹介している。

 いずれの広告も、悩めるコンピュータユーザーのツイートから始まる。

 ある広告では、iPad Proはコンピュータに似ても似つかないという意見に反論している。

 広告の中でAppleは、iPad Proが「大半のノートPCよりも処理が高速で、携帯電話のようにLTEに対応し、直接書き込めるタッチスクリーンを搭載」していると宣伝する。

 それゆえコンピュータより優れているというわけだ。

 別の広告ではLTE通信機能をアピールし、「ほとんどどこでもインターネットにつながる」と豪語。

 3番目の広告では、Appleの広告で聞くことになるとは思わなかった「Microsoft」の名前が飛び出す。Microsoftの「Word」をiPad Proにダウンロードできることを紹介し、「Wordをもっと使いこなそう」と促す内容だ。

 そして最後の広告は、長年の問題を取り上げる。PCはウイルスだらけだとほのめかし、iPad ProならPCのウイルスとは一切無縁でいられるとアピールしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加