logo

ネオキャリア子会社、設備トラブル対応にドローンを利用した新サービス開発へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネオキャリアの子会社であるネオラボは2月21日、アクトコール、テラドローンと提携し、ドローン(小型無人飛行機)を利用した新サービスの開発に着手すると発表した。まずは、設備トラブル対応サービスを提供する。

 今回の提携では、ネオラボがソフトウェア開発およびエンジニアリソースの提供や企画サポートを担当。アクトコールは、設備トラブル対応サービスを提供し、テラドローンはドローンの機体や管制システムなどインフラ部分を担う。

提携概要
提携概要

 設備トラブル対応サービスは、人が駆けつける仕組みでは不十分だった山岳地や離島などへの対応に、ドローンの運搬機能を利用するという。2020年の実用化に向け、開発・検証実験に取り組むとしている。

-PR-企画特集