logo

[ブックレビュー]見えない力に支配されている?--「インビジブル・インフルエンス 決断させる力」

加納恵 (編集部)2017年02月11日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東洋館出版社
詳細:単行本 / 368ページ / 東洋館出版社 / 著者:ジョーナ・バーガー / 監修:吉井智津 / 発売日:2016/12/20 / 外形寸法 (H×W×D):19.0cm×13.0cm×2.0cm / 重量:0.4kg
内容:本人の自覚はなしに、影響を及ぼし行動を決めさせるモノの力とは何か。決断の多くは、見えない影響力「インビジブル・インフルエンス」に左右されているという。営業、マーケティング活動に欠かせないその影響力とは。

 何を食べるかを決めるときを想像してみて欲しい。「季節のおすすめ」メニューに引かれたり、ほかのテーブルに運ばれてきたものを見て「あれと同じものを」と言ったり、あるいは、友人が頼むものと同じものにしたり。こうした例なら、「自分が人の影響を受けた」と分かるが、実際には、日常生活のほとんどあらゆる自分の行動が、外からの影響を受けているとしたら。

 本書は、本人に自覚がないにもかかわらず、影響を及ぼし、行動を決めさせるモノの力について、さまざまな事例や実験を元に分析している、非常に興味深い1冊だ。例えば、よく目にしていると自覚がなくても、より多く目にしているものを好ましいと思う現象。「同調圧力」があるということは認めながらも、「自分だけは違う」と思う現象。いち早くあるバンドのファンになったものの、ファンが増えてくるにつれて、「初期の作品は良かったんだけどね」と言い始める現象。どれも、自覚がないだけで、周囲や社会の状況によって自分の行動が決定されていく。

 こうした「インビジブル・インフルエンス(見えない影響力)」があるからといって、その善悪を判断するわけではない。ただ、見えない影響力を知ることで、営業活動やマーケティングに利用することも可能であるし、自分の行動や決断を見直すきっかけにもできる。

-PR-企画特集