logo
Kickstarter

LEGOブロックで組み立てる超小型ドローン「Mini Lego Drone」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年くらいから、ニュースでドローンという文字を見ない日はなくなった。自分でも試したくなった人も多いだろうが、屋外で飛ばすとなると許可が必要なことがあるなど敷居が高い。

 そこで、部屋のなかで手軽に遊べる、LEGOブロックで作る超小型ドローン「Mini Lego Drone」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。


LEGOブロックで作る超小型ドローン(出典:Kickstarter)

 Mini Lego Droneは、ボディを必要最小限のLEGOブロックで組み立てるクアッドコプター。手のひらからはみ出ないほど小さいが、リモコンで操縦できる本物のドローンだ。


こんなに小さいけれどリモコンで操縦できる
(出典:Kickstarter)

 組み立て時にモーターをコントローラ基板にはんだ付けする必要はあるが、解説ビデオを見ながら手順通り作業すれば簡単に作れるという。


組み立てには若干のはんだ付けが必要(出典:Kickstarter)

 なお、Mini Lego Droneの支援を募っているKitablesは、以前もう少し大きなサイズのLEGOドローン組み立てキットを開発し、現在ウェブサイトで販売している。


販売中のドローン組み立てキット(出典:Kitablesの販売サイト)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間2月18日まで。記事執筆時点(日本時間1月27日15時)でキャンペーン期間は21日残っているが、すでに目標金額7523ドルの3倍近い約2万1000ドルの資金を集めている。

出典:Kickstarter

-PR-企画特集