logo
Indiegogo

肌身離さずバッテリを持ち歩く--スマホを充電できるブレスレット「NIFTYX」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 外出中にスマートフォンのバッテリが切れると困るので、モバイルバッテリと充電用のUSBケーブルを持ち歩く人は多いだろう。しかし、一般的なモバイルバッテリは容量が大きいために重く、USBケーブルも意外とかさばって煩わしい。

 そこで、肌身離さずバッテリとケーブルを携帯できるブレスレット「NIFTYX LifeSaving Bracelet(NLB)」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中。

(出典:Indiegogo)
肌身離さずバッテリとケーブルを持ち歩ける(出典:Indiegogo)

 NLBは、micro USB端子の設けられたケーブルとモバイルバッテリが一体化し、ブレスレットとして身に着けられるデバイス。ファッションを邪魔しないデザインなので、普段から腕にはめておけそうだ。

 バッテリ容量は210mAhと少ないが、最大50分の通話、最大40分のウェブブラウジング、最大150分の音楽再生が可能なそうなので、非常時に役立つだろう。電流出力は最大2.4A。

(出典:Indiegogo)
バッテリ容量は少ないが、非常時に役立つ(出典:Indiegogo)

 内蔵バッテリから充電するだけでなく、NLBはデータ転送にも使用可能。USBケーブルを忘れることがなくなり、外出先でスマートフォンとPCを同期する際に扱いやすい。

 なお、NLBのバッテリ容量は少なく、スマートフォンを長時間使用したりフル充電したりすることは無理だ。念のため別の大容量モバイルバッテリを持つと、わざわざバッテリ内蔵のNLBを買う意味がなくなる。そのような場合は、バッテリを搭載していないケーブル機能だけのブレスレット「NIFTYX Awesome Bracelet(NAB)」を選ぶのもよい。

(出典:Indiegogo)
USBケーブル機能だけのNIFTYX Awesome Bracelet(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は5000ドル。記事執筆時点(日本時間1月24日12時)でキャンペーン期間は16日残っているが、すでに目標の12倍近い6万ドル弱の資金を集めている。

(出典:Indiegogo)

-PR-企画特集