「Chromebook」、2017年以降に発売の全機種で「Android」アプリに対応へ

Dan Graziano (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年01月24日 09時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは2016年5月、100万本を超える「Android」アプリを「Chromebook」で利用できるようにすると発表したが、対象は一部の機種にとどまるとしていた。しかし、このたび同社は、2017年以降にリリースされるすべてのChromebookでAndroidアプリに対応することを明らかにした。

 Chromebookは、Googleによるウェブソフトウェアを実行できる低価格のコンピュータ。「Chrome」ウェブブラウザや「Google Docs」などのGoogleアプリケーションを使用する人にとっては便利だが、「Windows」や「macOS」を搭載したコンピュータと比べ、利用できるアプリが少ない点を以前から批判されている。

 現時点でAndroidアプリに対応しているChromebookは、「Acer Chromebook R 11/C738T」と「ASUS Chromebook Flip」、それにGoogleが2015年に発売した「Chromebook Pixel」のみだ。だが、Googleは、過去2年間に発売されたすべてのChromebookのおよそ半分が、今後Androidアプリを利用できるようになると発表している。Androidアプリに対応する予定のChromebookは、こちらのリストで確認できる


さらなるChromebookにAndroidアプリがやって来る。
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加