logo

デル、国内でも世界最小13インチ2 in 1PCやVR対応ゲーミングPCを発売

坂本純子 (編集部)2017年01月23日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルは1月20日、プレミアムノートパソコン「XPSシリーズ」として世界最小の13インチ2 in 1ノートPC「New XPS 13 2-in-1」、世界最小の15インチノートPC「New XPS 15」など9製品を同日より順次開始すると開始した。

世界最小の13インチ 2-in-1ノートPC「New XPS 13 2-in-1」
世界最小の13インチ 2-in-1ノートPC「New XPS 13 2-in-1」

 ゲーミングPC「ALIENWARE」シリーズでは、世界初となるVR対応13インチゲーミングノートPC「New ALIENWARE 13」、有機ELパネル搭載モデル「New ALIENWARE 13 OLED」に加え、価格を重視する人向けの「New Inspiron 15ゲーミング」など、幅広いラインアップをそろえた。

 デル 執行役員 ビジネス&コンシューマー事業統括本部長の渡邊義成氏は、「New XPS 13 2-in-1は、20年以上に渡ってご愛好いただいているXPSシリーズを強固にする製品。New Inspiron 15ゲーミングは、ライトなゲーマー向けに新たな市場の獲得をしていく。これらの製品はCES 2017で多くのアワードを受賞した。こういった製品がコンシューマ市場でデルのシェア獲得に貢献するのは間違いないが、PC業界の活性化にも貢献できるのではないか。今後とも、革新的でわくわくする製品を紹介していきたい」と挨拶した。

デル 執行役員 ビジネス&コンシューマー事業統括本部長の渡邊義成氏
デル 執行役員 ビジネス&コンシューマー事業統括本部長の渡邊義成氏

 なお、今回発表したいずれの製品も、Windows 10と最新の第7世代 インテル Core プロセッサを搭載している。

シャープの協力があったから--狭額ぶちの世界最小「XPS」シリーズ

 New XPS 13 2-in-1は、狭額ぶちの「InfinityEdgeディスプレイ」を搭載し、5.2mmのベゼル幅(上部、左右)により、11インチクラスの大きさの筐体で13.3インチのディスプレイサイズを実現した。削り出しアルミニウムやカーボンファイバーなどのプレミアム素材を用いたスタイリッシュな外観に加え、液晶部が360度可動するコンバーチブルパソコンとして動画鑑賞やネットサーフィン、編集作業などあらゆるシーンに合わせて4つのモード(ノートブック、タブレット、スタンド、テント)で使用できる。

「New XPS 13 2-in-1」
「New XPS 13 2-in-1」

 デル コンシューマー向け製品マーケティング担当シニアバイスプレジデントのレイモンド・ワー氏はXPSシリーズを振り返り、「2年前、CES 2015で世界最小の13インチの製品を発表した。聴衆の反応は今でも覚えている。筐体が小さく、MacBook Air 11インチと同じぐらいの筐体サイズに13インチのスクリーンが収まっており驚かれた。10カ月後、ニューヨークのイベントで最小の15インチを出した。筐体サイズは14インチのノートブックにほぼ近い。なぜこんなことが可能か。それはシャープの協力があったから」と説明した。

 デザインについては、「XPSにおける筐体内部のデザインは、レーシング、サイクリングなどほかの業界からインスピレーションを得たもの。2 in1化にあたっては、InfinityEdgeディスプレイのための工夫が求められた。固有の課題があったが、ヒンジの部分を工夫して改良した」とデル エクスペリエンスデザイングループ コマーシャルクライアントおよびコンシューマーパフォーマンス・インダストリアルデザイン担当 バイスプレジデントのマイケル・エリス・スミス氏が語った。

「New Inspiron デスクトップ」
「New Inspiron デスクトップ」

 New XPS 13 2-in-1は、最長15時間のバッテリ寿命で、USB Type-CとThunderbolt 3のマルチユースポート搭載。Windows Hello対応の指紋認証リーダーおよび顔認証カメラを搭載する。価格はいずれも税抜、配送料込で、15万9980円~。

XPS 13インチ2-in-1

 このほか、世界最小の15インチノートPCとしてNew XPS 15も2月上旬より発売予定だ。4K ウルトラ HD解像度(通常のHDの7倍のピクセル数)やAdobe RGB カバー率100%に対応したディスプレイを搭載する。価格は17万9980円~。

 このほか、コストパフォーマンスを重視した14インチノートPC「New Inspiron 14 3000」(4万2980円~)、コンパクトな筐体のミニタワー型デスクトップ「New Inspiron デスクトップ」(7万6980円~)も1月20日より販売している。

「New Inspiron 14 3000」
「New Inspiron 14 3000」
「New XPS 15」
「New XPS 15」
New Inspiron 14 3000
New Inspiron デスクトップ

「絶対に負けたくない」に応えるゲーミングPC

 同社がもう一つ力を入れているのがゲーミング向けPCだ。世界初の13インチVR対応ゲーミングノートPC New ALIENWARE 13(13万9980円~)に加え、価格重視のゲーミングユーザー向け製品としてNew Inspiron 15 ゲーミング(10万9980円~)を発表した。いずれも発売を開始している。

New ALIENWARE 13」
New ALIENWARE 13」

 New ALIENWARE 13は、世界初となる13インチのVR対応ゲーミングノートPCで、ハイパフォーマンスモデルを求めるゲーミングユーザーに最適としている。

 より薄い筐体設計に、初となる第7世代 インテル クアッドコア HクラスプロセッサやWindows Hello、視線の追跡技術を持つ「トビーEyeX Liteソフトウェアテクノロジ」に対応した赤外線カメラを搭載した。

 ワー氏は、「13インチでVR対応のノートPCは唯一。トビーの視線の追跡を搭載した画期的なテクノロジで、視線で的を定めて攻撃できる。絶対ゲームに負けたくない、ミリ秒でも稼いで攻撃を仕掛けたいときには、トビーの技術は差別化要因になる」と自信を見せた。

 New Inspiron 15 ゲーミングは、前後方に排熱口を備え、デュアルファン、特大口径パイプ、熱交換器によって、長時間にわたって実行されるゲームセッション中もパーツを冷却できるという。

「New Inspiron 15 ゲーミング」
「New Inspiron 15 ゲーミング」
New ALIENWARE 13
New Inspiron 15 ゲーミング

 このほか、最新世代のNVIDA GeForce GTXグラフィックスカードを搭載したミッドタワー型の「New ALIENWARE Aurora」(12万9980円~、2月上旬予定)、2016年9月より発売を開始した「ALIENWARE 17/15」に第7世代 インテル Core プロセッサを搭載した「New ALIENWARE 17/15」は1月6日より販売中だ。価格は、New ALIENWARE 15が16万9980円~、New ALIENWARE 17は17万9980円~。

「New ALIENWARE Aurora」
「New ALIENWARE Aurora」
New ALIENWARE 15
New ALIENWARE 17
デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集