メッセージ

[ウェブサービスレビュー]表示と同時にサーバから削除--1度限りのメッセージサービス「Kevlar.io」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Kevlar.io
内容:「Kevlar.io」は、ブラウザ上で一度だけ表示可能なメッセージを送信できるサービスだ。URLを表示するのと同時にサーバからは削除され、二度と表示できなくなるため、メールやSMSなどに残したくないパスワードなどの機密情報を相手に届けたい場合に利用できる。

 「Kevlar.io」は、ブラウザ上で一度だけ表示可能なメッセージを送信できるサービスだ。URLを表示するのと同時にサーバからは削除され、二度と表示できなくなるため、メールやSMSなどに残したくないパスワードなどの機密情報を相手に届けたい場合に利用できる。

「Kevlar.io」トップページ
「Kevlar.io」トップページ。今回はパスワードを相手に送信する想定で「password」という文字列を相手に送ってみる。フォームに「password」と入力して「Create Secret」ボタンをクリック
  • URLが発行されるのでコピペして相手に送る。ちなみにサイト上に送信フォームなどは用意されていないので、自前でメールやSMSに貼り付ける必要がある

  • 受け取った相手がURLにアクセスすると、一度表示した時点で削除されることを知らせるメッセージが表示される。問題なければ「I understand, show me the message」の部分をクリック

 本サービスのトップページにアクセスすると、テキストを入力するためのフォームが用意されている。ここに文字列を入力したのち「Create Secret」ボタンをクリックすると、一度だけ使用できるURLが発行されるので、コピーしてメールやSMSなどで相手に送る。

 受け取った相手がそのURLにアクセスし、表示した時点でサーバから削除されることに同意すれば、送信者からのメッセージを表示できる。この時点ではメッセージを範囲選択してクリップボードにコピーすることは可能だが、ページをリロードするか、もしくはブラウザを閉じるなどして再度アクセスしても、同じ内容が表示されることはないというわけだ。

 試した限りでは日本語も文字化けせずに送信できるほか、数万字を超えるテキストの送信にも対応する。同種サービスの「One-Time Secret」と比べると、オンラインのメール送信フォームが用意されていないほか、送信者がメッセージを手動削除できる機能やパスワード保護機能がないなど、機能そのものは最小限といった印象だが、それゆえ誰でも迷うことなく利用できる。広告が表示されないのも利点だ。

 ネックとなるのは、この種のサービスの宿命だが、本当に1回限りでサーバから削除されているのか、利用者の側からは確認できないことだろう。それゆえ単体で悪用できてしまう情報を送信するのではなく、ログイン用のURLとパスワードを相手に伝える際に、URLはメールで、パスワードは本サービスを使ってSMSで送るといった具合に、両者を合わせて初めて意味を持つ情報の一方を送信する場合に活用するとよいだろう。

  • 送信者からのメッセージが表示された。この状態では文字列を選択してのコピペも可能

  • メッセージは日本語にも対応する。最大文字数は明記されていないが、「坊っちゃん」全文がそのまま貼り付けられたことからして、8万字は問題ない計算になる

  • アクセスした時点でメッセージはサーバから削除されるので、リロードするとページのステータスは404へと変化する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加