ソニー、ブレない「ハンディカム」に“撮りっぱなし”でも安心の大容量モデル

加納恵 (編集部)2017年01月10日 11時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月10日、ビデオカメラ「ハンディカム」シリーズに64Gバイトの大容量メモリを内蔵した「HDR-PJ680/CX680」を追加した。フルHD撮影に対応する。発売は1月20日。想定税別価格は、プロジェクタ付きのPJ680が8万円前後、スタンダードタイプのCX680が6万5000円前後になる。


「HDR-PJ675」

「HDR-CX675」

 Handycamシリーズは、4Kビデオカメラ3機種、フルHDビデオカメラ3機種の全6機種を展開。PJ680/CX680は、フルHDモデル「HDR-PJ675/CX675」の後継機になる。

 従来32Gバイトだった内蔵メモリを、64Gバイトへと倍増しているのが進化点。これはユーザー調査から得た「撮影後は保存メディアなどに移動せず、内蔵メモリとメモリカードに“撮りっぱなし”にしている」という声に応えたもので、microSDカードスロットも装備する。

 ハンディカムシリーズならではの手ブレ補正技術「空間光学手ブレ補正」も備え、ズームや動きながらの撮影でも安定した高画質撮影をサポート。カメラ本体が動いても、レンズとセンサが一体になった、空間光学ユニットがバランスを取り、ブレを徹底的に抑える。

 サイズは、高さ66.0mm×幅61.5(CX680は57.5)mm×奥行き121.0mmで、重量約325(CX680は305)g。1920×1080ピクセル、AVCHD画質での60p、24p、60i撮影ができるほか、XAVC S HDによる60p, 30p, 24pの撮影が可能。XAVC S HDでは50Mbpsの高ビットレート撮影もをサポートする。ボディカラーはPJ680がホワイトとブロンズブラウンの2色。CX680がホワイト、ブロンズブラウン、レッドの3色展開になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加