謎の囲碁棋士「Master」は「AlphaGo」と判明--トップ棋士ら相手に60連勝

Cho Mu-hyun (ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤信彦2017年01月05日 14時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界トップクラスの棋士たちをオンライン囲碁で60戦以上も連続して破ってきた謎めいた人工知能(AI)プレーヤの正体が、アップグレード版「AlphaGo」だったことが明らかになった。

 AlphaGoを開発したDeepMindで最高経営責任者(CEO)を務めるDemis Hassabis氏が、中国の囲碁対戦プラットフォーム「Tygem」「FoxGo」で勝ち続けた「Master」がAlphaGoだと認めたのだ。

 Hassabis氏によると、これらの対局は、AlphaGoの新たなプロトタイプ版を試験するために実施されたそうだ。「これでわれわれの非公式テストは終了だ。年内に、短縮制でない正式な対戦を何局かできるのを楽しみにしている」(同氏)

 AlphaGoは、オンラインで2016年12月29日に早打ち対局を開始し、2017年1月4日に「テスト」対戦を終えた。

 この間にAlphaGoは、中国のトップ棋士である柯潔氏、韓国の朴廷桓氏、日本の井山裕太氏といった、名高い世界チャンピオンたちを次々と打ち負かした。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加