「Bluetooth 5」がコア仕様として正式に採用--通信の高速化と範囲拡大を実現

Jake Smith (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年12月09日 12時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Bluetooth SIGは米国時間12月7日、「Bluetooth 5」を次世代のBluetoothコア仕様として正式に採用したと発表するとともに、同仕様に対応した新製品が向こう数カ月以内に市場に投入される見込みだとした。

 Bluetooth 5は2016年の夏に初めて発表されており、「Bluetooth 4」に比べるとデータ転送速度が2倍、通信範囲が4倍、ブロードキャストメッセージの容量が8倍という性能を有しているという。またBluetooth 5には、その他のワイヤレス機器との干渉を低減するための改良も施されているという。

 この新仕様は、スマートホーム向けのデバイスやフィットネストラッカーといった、IoT時代におけるワイヤレス規格に大きく依存するデバイスを念頭に置いたものだ。今回の発表によって、IT企業はBluetooth 5対応デバイスの製品化に向けた作業を開始できるようになった。

 Bluetooth SIGのエグゼクティブディレクターMark Powell氏は発表のなかで、「Bluetoothは、IoTエクスペリエンスに革命をもたらしてきている。Bluetooth 5は信頼性の高いIoT接続の実現と、ビーコンの採用促進によって、接続にまつわる障壁を低減するとともに、シームレスなIoTエクスペリエンスを実現することで、この革命を引き続きけん引していく」と述べている。

 また、Bluetooth SIGは発表のなかで、向こう2〜6カ月以内にBluetooth 5対応製品が市場に投入される見込みだと述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加