logo

軽量・薄型の2in1コンバーチブルPC--東芝、12.5型液晶搭載の新dynabook Vシリーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は12月1日、店頭向け2016年冬モデルの新商品として、ディスプレイ部が360度回転し、さまざまなシチュエーションで使用できる12.5型液晶搭載2in1コンバーチブルPC「dynabook V」シリーズ4機種4モデルを12月9日から順次発売すると発表した。

 ラインアップは、12月9日に発売する「dynabook V82/B」(税込の店頭予想価格:23万円前後)、「dynabook V72/B」(同:20万円台半ば)、「dynabook V62/B」(同:18万円台後半)と2017年1月下旬に発売する「dynabook V42/B」(同:16万円後半)の4機種。

「dynabook V82/B」
「dynabook V82/B」

 同社によると、モバイルノートPC市場では、より軽量・薄型で、より機能性や堅牢性を高めたタイプのニーズが高まっており、ニーズに対応するため、高品質・高性能な2in1コンバーチブルPC「dynabook V」シリーズを発売することになったという。

 また、モバイル性能やパフォーマンス性能を追求。コンパクトなボディに高い機能性、堅牢性、操作性、拡張性を実現し、タブレットとしても、モバイルノートPCとしても、メインノートPCとしても、さまざまなシチュエーションで、ストレスなく快適に使えるとしている。

 dynabook Vシリーズ4機種は、同社が31年間培ってきた高密度実装技術、堅牢化技術、シミュレーション技術など多彩な設計技術を駆使し、ストレスなく快適に使える高性能で高品質なPCづくりに取り組んだという。

 筐体の設計では、独自の配線ガイドラインを用いた基板設計に加え、部品の配置を最適化する高密度実装技術や、薄型化と軽量化、堅牢性を支えるシミュレーション技術を用い、筐体の薄さ、軽さと強さのバランスを最適化している。例えば、高負荷のかかるキーボードのパームレスト部には、補強リブ構造を採用。耐久性を向上するとともに、安定した打鍵感を実現している。

「dynabook V72/B」
「dynabook V72/B」

 特にdynabook V82、V72、V62の3機種の本体は、約15.4mmの薄さと約1099gの軽さを実現しながら、約17時間の長時間バッテリ駆動が可能。さらに、独自の充電制御技術を取り入れた急速充電機能で、わずか30分の充電で約7時間の駆動を可能にするとともに、バッテリの状態をソフトウェアで監視しながら段階的に電流をコントロールし、バッテリの劣化が防げるようになった。

 新Vシリーズの特徴として、タッチパネル付き12.5型ワイド(16:9)FHD高輝度・広視野角TFTカラー LED液晶の見やすさにもこだわっており、視差が少なく細部まで書きやすいダイレクトボンディング、映り込みの少ないノングレア液晶、擦傷、落下、衝撃による傷への耐性が高い「Corning Gorilla Glass 4」を採用。1920×1080ドット。

「dynabook V62/B」
「dynabook V62/B」

 さらに、12.5型の限られた容積にフルサイズキーボードを組み込み、さらに、補強リブ構造を採用して打鍵感を高めている。キートップには、視認性の高い印字や、指の滑りを軽減する0.2mmのへこみを設けるなど、隅々まで快適な打ち心地を追求。暗めの場所でもスムーズに操作できるように輝度3段階のバックライトを備え、キーボードを裏返してタブレットとして使う場合を想定して爪がキーとフレームの間に入り込まないような工夫もするなど、操作感にこだわっている。

 高速起動と高い処理性能を可能とする最新CPU「第7世代インテル Coreプロセッサー」(V42/BはCeleron)と、ストレージには高速でデータの読み書きが可能なSSDを搭載し、動画編集など負荷が高い作業やゲームでも、スムーズな操作が可能。インターフェースには公称最大40Gbpsの高速データ転送が可能な「Thunderbolt 3」に対応したUSB Type-Cを搭載し、コネクタ1つで、電源供給とディスプレイ出力の兼用に対応した。

「dynabook V42/B」
「dynabook V42/B」

 また、付属のUSB Type-Cアダプタには、HDMIやUSB3.0、RGB、有線LANを備える。

 音質にもこだわっており、オーディオブランドharman/kardonと連携し、スピーカまわりのパーツを一つひとつ再設計。専用のスピーカーユニットとスピーカーボックスをharman/kardonとdynabookで共同開発した。これにより、低音域から高音域まで原音再生を追求したバスレフ型ステレオスピーカを搭載している。

 どの製品も、「Windows 10(Anniversary Update 適用済)」をプリインストールしている。

 dynabook V82/BのCPUは、インテル Core i7-7500U プロセッサ2.70GHz(インテル ターボ・ブースト・テクノロジ2.0対応:最大3.50GHz)、メモリは、8Gバイト。SSDは、512Gバイト。外形寸法は、幅約299mm×奥行き219mm×高さ15.4mm。重量は、約1099g。

 dynabook V72/BのCPUは、インテル Core i5-7200U プロセッサ2.50GHz(インテル ターボ・ブースト・テクノロジ2.0対応:最大3.10GHz)、メモリは、8Gバイト。SSDは、256Gバイト。外形寸法は、幅約299mm×奥行き219mm×高さ15.4mm。重量は、約1099g。

 dynabook V62/BのCPUは、インテル Core i5-7200U プロセッサ2.50GHz(インテル ターボ・ブースト・テクノロジー2.0対応:最大3.10GHz)、メモリは、8Gバイト。SSDは、128Gバイト。外形寸法は、幅約299mm×奥行き219mm×高さ15.4mm。重量は、約1099g。

 dynabook V42/BのCPUは、インテル Celeron プロセッサ、メモリは、4Gバイト。SSDは、128Gバイト。外形寸法は、幅約299mm×奥行き219mm×高さ15.4mm。重量は、約1099g。

 また、オプションとして「アクティブ静電ペン」(同:9000円台後半)、「アクティブ静電ペン用 替え芯セット」(同:1000円台後半)、「ACアダプター」(同:9000円台後半)も用意される。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集