サイバーエージェント、VR関連事業の新会社「VR Agent」を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントは12月1日、VR関連事業を展開する連結子会社として「VR Agent(ブイアールエージェント)」を設立したと発表した。代表取締役社長には浮田光樹氏。資本金は1500万円(サイバーエージェント100%)。

「VR Agent」
「VR Agent」

 同社では、これまでVRモード搭載のスマートフォン向けアプリ「オルタナティブガールズ」(QualiArts運営・開発)をはじめ、VR技術を活用したコンテンツを制作している。新たに設立したVR Agentでは、これまでに培ったVR技術を活用したコンテンツ制作の知見を活かし、新たにリアルイベント体験やアミューズメントコンテンツを中心としたVRコンテンツの受託開発および、VR関連サービスを開発・運営する。

 今回の会社設立により、将来的な市場拡大が期待されるVR領域において、コンテンツ制作のサポートおよび、VRを活用した新しいユーザー体験の提供を目指すという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加