logo

パナソニック、メガホン型多言語音声翻訳サービス「メガホンヤク」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは11月17日、メガホン型翻訳機を活用した多言語音声翻訳サービス「メガホンヤク」を発表した。公共機関や法人向けに、12月20日より提供を開始する。

「メガホンヤク」
「メガホンヤク」

 メガホンヤクは、日本語を英語、中国語、韓国語に翻訳して再生できるサービス。定型文の管理や更新、ソフトウエアのアップデートなどメンテナンスのため、36カ月契約のクラウド型サービスになっている。

 あらかじめ、交通機関やイベントホール、スタジアム、テーマパークなどで使われる案内文を定型文として約300文登録しており、ワード選択機能で単語を組み合わせることにより、約1800のパターンに対応。別途費用追加で、ユーザー独自の定型文追加も可能だ。

 伝えたい内容をメガホン型翻訳機に日本語で音声入力すると、登録している文章と音声照合して翻訳した後、日本語、英語、中国語、韓国語で再生。大きな騒音下でも正確に入力できる高性能な音声認識と、屋外でも使用可能な防塵・防水性能を備えている。

 誘導や非常時のアナウンスが的確にできるよう、簡単操作を追求。本体のボタンを押しながら拡声したい文章を音声入力すると、瞬時に音声照合と翻訳をし、その後、拡声ボタンを押すだけで日本語、英語、中国語、韓国語の順番で音声が出力される。言語の順番は入れ替え可能だ。

メガホンヤクの仕組み
メガホンヤクの仕組み

-PR-企画特集