logo

仕事探しから採用までスマホで完結--ビズリーチの「スタンバイ」に動画面接機能

山川晶之 (編集部) 飯塚 直2016年11月16日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビズリーチは11月16日、地図で仕事が探せる「スタンバイ」アプリにおいて、「チャット動画面接」機能をリリースしたと発表した。

「チャット動画面接」機能
「チャット動画面接」機能

 スタンバイは、スマートフォンなどのGPS機能を活用した「地図」で仕事が探せるサービス。国内の全業種・全職種・全雇用形態を対象にしており、職種・業種などの「キーワード」と希望の「勤務地」を組み合わせた検索により、複数の大手求人サイトの求人を横断して一括検索できるのが特徴。

 求職者は応募した企業店舗とチャットで面接日時を調整。チャット動画面接の着信が通知されたらアプリを起動して受話ボタンをタップするだけで、自宅など好きな場所で面接を受けることが可能になる。企業・店舗は、採用管理ツール「スタンバイ・カンパニー」を利用することで、動画面接機能が利用できる。

 面接中は、求職者が登録した氏名や生年月日などの情報を確認しながら話せるほか、アプリの場合はワンタップでアウトカメラに反転させ、会話をしながら店舗の様子などを求職者に見せることもできる。

 これまで、スタンバイアプリを通して求人情報の検索や応募、チャットによる面接日時の調整、合否連絡を受け取ることができたが、面接に関しては会場に足を運ぶ必要があった。今回の機能により、仕事が決まるまでの全ステップがスマートフォン上で完結する。

「チャット動画面接」の流れ
「チャット動画面接」の流れ

 スタンバイの調査では、「面接のために会場まで行くことを面倒・負担と思うか」との問いに、5割以上が「はい」と回答している。理由として、「交通費を節約したい」「面接会場までの移動時間を節約したい」「面接のためだけに現地に行くのが面倒」といった声があったという。

 さらに、「応募してから最初の連絡はいつまでに欲しいか」という問いには、約4割が「当日中」と回答。理由として「早く決めたい」「採用されないなら、すぐに次の応募がしたい」という結果となり、仕事探しに利便性やスピードを求める声が高まっていると分析。こうしたニーズに応えるため、チャット動画面接をリリースした。

アルバイトの面接、5割以上が 面接会場に行くことを面倒・負担と思う」と回答
アルバイトの面接、5割以上が 面接会場に行くことを面倒・負担と思う」と回答

-PR-企画特集