logo

“今すぐ意味を知りたい”に2秒で答える--シャープ、ペン型スキャナ辞書「ナゾル」

坂本純子 (編集部)2016年11月10日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは11月9日、わからない言葉をなぞって簡単操作ですぐに意味を調べられるペン型スキャナー辞書「ナゾル」を12月8日に発売すると発表した。

ペン型スキャナ辞書「ナゾル」
ペン型スキャナ辞書「ナゾル」
記者が使用した実機。赤が英和モデルで、白が国語モデルだ
記者が使用した実機。赤が英和モデルで、白が国語モデルだ

 国語モデル「BN-NZ1J」と英和モデル「BN-NZ1E」の2機種がラインアップする。市場想定価格はいずれも1万3000円前後(税別)。辞書のバージョンアップは対応しない。

 書籍や新聞、雑誌などを読んでいて、わからない言葉があったとき、本体スイッチを押して紙面をなぞるだけで、簡単にその意味がわかるというもの。履歴は100件まで保存されるので、調べた言葉を再確認したいときも簡単だ。

手にしてみると見た目よりもかなり軽い。重さは86g(電池含む)
手にしてみると見た目よりもかなり軽い。重さは86g(電池含む)
ナゾルがぴったり入るペンケースも
ナゾルがぴったり入るペンケースも

 国語モデルには、「スーパー大辞林3.0」(約26万5000項目)を搭載。新語が豊富に収録されており、現在一般的に使われている意味が優先的に解説されているという。

 英和モデルには、日常語に加え理工・医学・社会科学・ITから生活・法律・スポーツまで、多方面の専門語も収録した「グランドコンサイス英和辞典」(約36万項目)を搭載する。

 シャープの電子文具は、スマホでもできるが、こちらのほうが使いやすいという専門性を追求し、“これしかできない これにしかできない”製品づくりを目指す。

 今回のナゾル(“ナ”にアクセントを置いて発音する)も、そのひとつだ。「今すぐ知りたいに2秒で答える」とシャープは自信を見せる。

スキャンボタンを押すとこのように光る
スキャンボタンを押すとこのように光る

 使用するには、(1)スキャンボタンを押す(2)なぞる(3)ディズプレイを見る──の3ステップだ。シャープは「電子辞書でも10秒以上、紙だともっとかかると思う。スピード感がポイント」と説明する。

 サイズは約158mm×36mm×21mm(保護キャップ含む)。実際に手にしてみると、サイズはペンというにはやや大きいが、重さは約86gと軽量だ。

文字の中心とナゾルの中心を合わせるようにして読み取る
文字の中心とナゾルの中心を合わせるようにして読み取る

 なお、使用時に外した保護キャップは、端末の反対側にかぶせておける。実際に試用してみたが、最初はやや慣れが必要だと感じた。何度か繰り返していくと、だんだんコツがわかってくる。長文の一部を読み取るときは、少し前後を多めになぞっておき、後から知りたい文字を選択するとうまくいく。なぞってから表示されるまでの時間も短く、ストレスはない。

 読み取り文字サイズは、約6(約2.1mm大)~約22ポイント(約7.8mm大)の印刷された文字。雑誌の大きめな見出しが8mm角ぐらいとしており、その程度までは読み取れるという。電源は、単四形アルカリ乾電池×2または単四形Ni-MH×2だ。使用時間は、1単語の読み取りを1日30回行った場合で、約30日。およそ1000なぞりぐらいとしている。

日本語は、縦書きにも対応する
日本語は、縦書きにも対応する
実際に読み取った結果。ディスプレイは見やすい
実際に読み取った結果。ディスプレイは見やすい
ペン先でスキャンしたものを自動認識して文字変換し、意味を表示するしくみだ
ペン先でスキャンしたものを自動認識して文字変換し、意味を表示するしくみだ
何度か使用してみた結果、1語だけを読み取ろうとせずに少々長めに読み取るのがコツだと感じた。十字キーで調べたい語彙を選べる
何度か使用してみた結果、1語だけを読み取ろうとせずに少々長めに読み取るのがコツだと感じた。十字キーで調べたい語彙を選べる
日本語の長文を読み取ったところ
日本語の長文を読み取ったところ
「ナゾル」または「NAZORU」をスキャンすると、通常の辞書には入っていない、スペシャルバージョンが見られる
「ナゾル」または「NAZORU」をスキャンすると、通常の辞書には入っていない、スペシャルバージョンが見られる
なぞるのが速すぎたり遅すぎたりすると、このように知らせてくれる
なぞるのが速すぎたり遅すぎたりすると、このように知らせてくれる

-PR-企画特集